まったく異業種の友人を持つことはとても役に立つ

なにごとも極めるということはとてもい重要です。
なにかの仕事においても極めるくらいの決意が必要です。
しかし、それが時に障害となることもあります。
いわゆるその分野のバカになってしまうことなんです。

その分野のことを極めれば極めるほど、そのう業界の常識にとらわれてしまい斬新な発想やアイデアが生まれてこなくなってきてしまいがちです。

ですから、全く自分とは異業種
損あ友人を持つことはとても大切です。
何かの仕事の壁にぶつかった時、そんな友人からとてもい貴重なアドバイスがもらえることはよくあることなのです。

また普段の雑談の中にもヒントがたくさん隠されています。

あのカッターナイフも職人さんがカミソリの刃を折りながら使っていることを知ったことから発明され他と訊きました。
異業種の人は、それこそ自分が働いている業界では考えられないことを当たり前にしていることもあるのです。

そのためにも異業種の友人をたくさん持つこと
さらにその方たちに自分の死後との内容をうまく説明すること
さらに、他の人たち積極的に自分なりのアドバイスをすることを恐れてはいけません。

そんなこんな自分がアドバイスなんてできない
そう考えるかもしれませんが、
ではあなたがお客さんとしての立場としてならアドバイスはできるはずです。

実は意外とお客さんの立場になって考えるって難しいことなんです。
あなたが一ユーザーとして、この商品はこう感じる
このサービスはここがイマイチ
そんあkぃたん汚ない意見を聞けることってめちゃくちゃ有意義なことなんです。
損あことを言ったら相手がムッとするかも?
そんな狭い了見の方ならわざわざ友人になる必要はありません。

有能な人ほど聞く耳を持っています。
そしてそれを日頃から積極的に自分の仕事に取り入れています。

異業種の友人から自分とは全く異なる視点からアドバイスをもらうことってなかなかできないんですよね。
そしてそれを素直に聞けることもむずかしいことなんですけどね
署名ドットコム 評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です