介護関連の資格も色々増えてきた

介護関連の資格もたくさん増えてきました。
現場で働く介護事業者のための資格だけでなく高齢者の生活環境を整える資格もできてきています。

悔悟の現場での代表的な資格に介護福祉士があります。
その前段階に取得する認定し飼うの
・介護職員初任者研修
・実務者研修
があります。
介護福祉士の取得には、養成施設での修了、もしくは3年以上の実務経験と国家試験の合格
介護職員初任者研修と実務者研修の取得には国が定めた講習のp修了
が必要になります。

さらにケアマネージャー(介護支援戦も人)の取得には
・実務経験
・試験の合格
が必要です。
ケアマネージャーはケアプラン作成と要介護者の見守りを担います。

社会福祉士の取得には、福祉系大学における必要科目の修了
あるいは
養成施設での実務経験とこっかしけんのごうかくがひつようになります。
介護福祉士は、要介護者本院あるいはその家族の相談に乗り、アドバイスを行います。

その他の介護の現場の資格として
・ガイドヘルパー
・認知症ケア専門士
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
などもあります。
ガイドヘルパーは要介護者の外出を支援するために通院等を介助します。
認知症ケア専門誌はグループホームや認知症対応型通所介護施設などで認知症患者の支援を行います。

これ以外にも介護の資格に
・福祉用具専門宗田人
・福祉住環境コーディネーター
・社会福祉主事
という資格も生まれてきあmした。
これらは要介護者の生活環境を整えるために設けられた資格です。

福祉用具の選定や使い方の指導を担う福祉用具専門相談員は福祉用具事業所の運営に必要な資格になっています。
取得には都道府県が指定する講習の受講が必要です。

福祉住環境コーディネーターは高齢者や障碍者が住みやすい環境作りを手伝いますが、主に工務店や住宅事業者向けの民間資格です。

このように国家試験だけでなく民間が設けた資格もたくさん介護には登場してきています。
チャレンジしてみる価値はあると思います。
介護職 やってられない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です