離婚のやり方は4種類もある

ひとくちに離婚と言ってもそのやり方には種類があることをご存知ですか?
離婚は双方が合意して離婚届に署名捺印し、区役所や市役所に提出sいて受理されれば離婚は成立します。
多くの場合はこのケースだと思います。
これを協議離婚と言います。
しかし、必ずしも双方のどりらかが離婚に応じないケースもありますよね。
この場合は協議離婚以外の方法をとらなければなりません。

◎調停離婚
夫婦のどちらか一方が離婚に応じない場合や子供の親権などでもめてしまった場合、やはり誰かが間に入って離婚の話をまとめなければなりません。
これは仏家庭裁判所が行います。
この家庭裁判所が間に立って離婚お話を進めるのを調停離婚と言います。
離婚をしたい夫婦のどちらかが家庭裁判所に離婚調停をも仕立てることこの第三者(調停委員)を入れた離婚の話し合いは始まります。

◎審判離婚
この調停で話し合いがまとまらなかった場合は家庭裁判所が審判を下します。
審判離婚では、どちらか一方の合意が無くても、裁判所が「離婚は妥当」と判断すれば裁判所の権限で離婚が成立します。

◎裁判離婚
調停でも離婚の話し合いがまとまらず、審判にも不服があり2週間以内に不服申し立てを行えば審判離婚は認められません。
この場合は裁判での離婚の話し合いとなります。
裁判離婚は離婚を進めるうえで最終手段となります。
ただし離婚斎尾番を起こすにあたっては、民法に定められた離婚原因が必要になります。
離婚請求を起こした側は裁判で相手に離婚原因を主張し立証する必要があります。
最終的に裁判所が「離婚は妥当である」と判断されれば離婚となります。
裁判離婚では離婚原因が無ければ離婚できません。
たとえば愛人最近同棲をし始めた夫が、愛人と結婚したいために離婚を求めて裁判を起こしても必ずしも離婚が認められるとは限らないのです。
調停や裁判では客観的な証拠で離婚原因を立証させなければならないことをしっかりと「認識しておいてください。
住宅ローン 離婚できない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です