座禅を組んで瞑想する|身体を動かすのを止めれば考えがまとまる

人は身体を動かしていると思考が停止する
これあながち間違っていないと思います。
確かに散歩などゆっくりと歩きながらならまだ良いのですが、息が切れるような動きはとても物事を深く間mが得る余裕が生まれません。

精神統一
これが大事なこととされている「禅」の世界ではまず座禅抜きでは語れません。

禅の語源はインドの「デュフヤーナ」です。
これは「深く考える」という意味だそうです。
つまり考えるという高kは
静かに”座る”ことから産まれるといっても過言ではありません。
人の心は一つですから、身体を動かすことに心が集中してしまうと深い思考を行うのが難しいのです。

歩行瞑想と言われる、いわゆる散歩など歩きながら何かを考えるのならばそれはあくまで現実的なことがおすすめです。
たとえば
仕事の段取りを考えたり
夕飯の献立を考えたり
そんな現実的なこと
つまり考えをまとめるのには良いと思います。
しかし、もっと深いことを考える時
それは、答えがない?自分では答えが導き出せない?
そんな深い問題や課題です。
そんな場合には静かに座禅を組んで深い瞑想に入り、自然と答えが天から降りてくるのを待つ。
損暗方法もおすすmです。

座禅とはまず姿勢を正し、呼吸を整え、そして最後に心も整えます。

物事を頭の中に溜めず、浮かんでは消えてゆくママに座禅を組んでみてください。

実はどんなに無zかしい問題や課題でも、実はすでに答えは自分の中にあるのです。

それを常識や邪念や欲や羞恥心などがその答えを導き出すのを妨げているのです。

座禅は自分の心の中のさまざまな邪念を静かに静かに解き放っていってくれるのです。
しかし、それは簡単なことではありm、あせん。
人間の煩悩というものは、それくらい強力な物なので鵜s。
それらをゆっくりゆっくりとひとつひとつはがしていくことが座禅なのです。
じゃねにゃ沃野常識など
すべてが時は慣れた時に考えばまとまる
つまりひらめきが天から降りてくるのです。
シンプル瞑想 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です