なんとか終末期患者を元気づける看護師の声かけってないのかしら?

残念ながら現代の医療でも限界があるという悲しい現実がありあmす。
そこで看護師が辛いのはふさぎ込みがちの終末期患者です。
いまは病名や余命宣告は普通に行われる時代でもあります。
そんな辛すぎる悲しすぎる宣告を受けた患者に看護師はどう声かけをすればいいのか困りますよね。

終末期患者の場合
・市に対する恐怖
・身体的な痛みや苦痛
・いろいろなことができなくなっていく辛さ
・家族や医療スタ府への罪悪感
などからどうしてもネガティブな言動や行動になりがちです。

しかし、ここで看護師などから安易な励ましや気休めなどは逆効果になる可能性もあります。
またそんな終末期患者を見守るい看護師も患者の力になれないでいることに強い無力感を感じてしまうかもしれません。
しかし、看護師自身がそれにくじけてしまっていては患者さんにもそれは伝わってしまいますますふさぎ込んでしまいます。
まずは看護師自身が勇気づけを自分自身で行わなければなりません。

症状鵜あ情居にもよりますが、患者が痛みや苦しみを訴えている時には、少しの間だけでもそばに寄り添って手を当ててあげるだけでも患者の気持ちは落ち着くものです医。
なにか具体的で効果的なことができなくても、患者さんのそばに寄り添ってあげる時間を作ることも大事なケアのひとつだと思います。

患者さんが何も語らない時には、無理をせず焦らずに患者さんと沈黙のい時間を共有することが「自分を受け入れてくれている」という想いが患者さんい伝わります。

緩和ケアは看護師にとってとても辛い仕事です。
患者さんにも経済的な問題や社会的にな役割での不安もあるでしょう。
それに、医師との主治医との子m府にケーション不足なこともあるでしょう。
さまざまなことで緩和ケアが上手く行えないこともあることも知っておきましょう。
患者さん本人や家族の希望にも耳を傾けながら、看護師が全て背負いこむことなく多職種との連携も図り、
「今の看護師の自分ができること」
をしっかり認識しながら終末期患者と接していきましょう。
看護師 求人 ブランク可

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です