コロナで増えた外食=浪費とは言い切れない

食費を節約するうえで
「外食を減らすべき」
とい多くの人が考えいました。
しかし、このコロナ禍の中で芸職は激減し、ほとんどの方がお家での所kジュ時に名ty田はずです。
では、それdふぇしょくひは下手でしょうか?
おそらくコロナ前と同じではないですか?

確かに自炊に比べて外食は格段に出費が増えます。
たとえば外食チェーンのファミリーレストランで家族4人でランチに行けば、1人当たり1000円を超えてしまうことも珍しくありません。
あっという間に5000円くらいはかかってしまいます。
また、お父さんの平日のランチにしてもオフィス街のど真ん中ならコーヒーを付ければ1000円程度はかかりあmす。

一方これが自炊をすれば人地あたり1色1000円否に抑えることは簡単です。
それも、夕飯の残りものを翌日のお弁当に回せば皿のい安上がりです。
食費を押さえるのなら外食を減らすべきというのはある意味政界でもあります。

けれども、自炊にこだわっても、反対に悪いデメリットもあります。現代人はとにかく忙しく時間がありあm線。
仕事や子育て
さらには出世のための仕事のスキルアップ
それなのに自炊に時間をかけすぎていてはそれもないがしろになってしまいあmす。
特に共働きの夫婦ならば、働きながらの子育ては相当に負担です。
心に余裕が無ければ様々な所に悪影響が出てきます。
自炊にこだわるあまり、自由になる時間が減ってイライラして子供につらく当たったり、仕事のスキルアップの時間が獲れなかったり

それでは節約できても将来的には大きなマイナスです。
ですから週末くらいは家族で外食をしたり
お父さんも毎回お弁当ではなく欄理で外食するのもいいのではないでしょうか?
節約のために自炊にかけた時間は二度と戻ってきません。
今、あなたは自炊すべきなのか?
しっかりそのあたりも考えてみてください。
なにごとも極端ではいけません。
自炊も外食もバランスを考えてうまく配分していきましょう。

高齢者 パジャマ おしゃれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です