果たして健康器具は必要なのか?

巷には数多の健康器具が溢れかえっています。

健康器具のどれもが、もっともらしい効果をうたって購買意欲を刺激してきます。

しかし、健康器具って必要なのでしょうか?

結論から言えば、必要です。

 

健康器具のどれもが効果があることをアピールしたいので、様々な科学的根拠を並べています。

根拠はあっても効果があるかどうかは、また別の話。

効果を感じるかどうかは、やはり個人差があるものです。

この個人差がどれくらいなのか、というのは誰にもわかりませんし、それを知るには実際に使ってみるしかないのです。

 

しかし、個人差はあるものの、まったく効果がないということはまずないでしょう。

そもそも、効果がまったくないようなものを販売していても売り上げは上がりませんし、メーカーの信頼にも関わります。

効果のないものを売れるようなメーカーは「売り逃げ」を最初から目論んでいるようなメーカーですので、その怪しさは一目でわかります。

国産メーカーや大手メーカーが安心できるのは、これが原因です。

また、日本人は元来、筋を通すことが人のあるべき姿と遺伝子レベルで教え込まれた真面目な気質ですので、まともな商売をするつもりなら詐欺まがいの商品は販売しません。

だからこそ、わざわざ大きなコストをかけて第三者機関に検査を依頼して、商品の性能を証明するのです。

つまり、商品の効果があることは既に前提であって、提示された根拠が正しいのかどうかを我々消費者が詮索したところで、時間の無駄になりかねません。

 

たとえ、劇的な効果がなかったにしても、整体へ通う時間がない人にとっては、費用に見合った効果があるかもしれません。

「買って損した!」と思うかどうかは、結局のところ、その商品が本当に自分に必要かどうかを見極められているかにかかっているわけです。

先述のように、整体へ通ったり、誰かにマッサージしてもらったりする時間がないなら、時間を節約する目的になるであろうし、そういった場所が遠いといった物理的な負担があるなら、それを軽減する目的になります。

また、何度も整体に行くのは金銭的に負担だというのであれば、買い切りで効果を得ることに意義があるかもしれません。

 

健康器具に限った話ではありませんが、無駄遣いになるかならないかは購買目的が明確かどうかが重要なポイントです。

購買目的に見合った商品であれば、きっとその効果を感じることができるでしょう。

ボディピクセル 最安値

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です