納骨の時期に決まりはないからは急いでしなくてもいい

多くの人が亡くなってお葬式が終わると
「早く納骨しなければ」
と考えがちです。
しかしそもそも遺骨はいつまでに埋葬すればいいのでしょうか?
仏式では一つの目安として四十九日が一般的です。
しかし、これも宗教や地方の慣習によっていろいろ変わってきます。
「百か日までに」
「一周忌までに」
いろいろな意見や考え方があるのです。
檀家となっている菩提寺から納骨の指示を待つこと方もいます。

実は正解は遺骨の埋葬(納骨)は「いつでもいい」のです。
日本で現在のような「遺骨を埋葬する」という習慣が生まれたのは意外と歴史は浅く、昭和の初めの頃なのです。
それまでは人が亡くなると火葬ではなく土葬が一般的だったのです。
葬儀が終わると棺を担いで行くのは「火葬場」ではなく「墓地」へ直行していたのです。
つまり「葬儀と実に埋葬する」というのが当時のやり方だったんですね。

ですから「火葬場でお骨になり、とりあえず家に安置する」というスタイルはまだまだ最近できたともいえるのです。
ですから遺骨の埋葬に「古来からのしきたりは無い」というのが真実ですから、家族の都合の合わせて時期を決めればいいのです。

しかし遺骨の埋葬で時期に問題は別にいいとして、今度は場所の問題があります。
かつてのように「なく名ttらその家の先祖代々のお墓に入る」ということも亡くなってきました。
また血縁者は同じお墓に入らなければならないという宗教的な理由もありません。

費用面や管理面を考えて各家庭が自由にお墓を選んでいいのが今の時代の流れです。
今は墓じまいやお墓の引っ越しも盛んにおこなわれています。
お墓も管理や墓参りができない方のために永代供養のやり方も皆さんの関心事です。

遺骨をいつ?どこに?埋葬するか?
その問題も大きいですが
10年後20年後位のことを見据えたお墓の問題も避けては通れない問題です。
ところであなたの子供たちは、きちんと毎年毎年の「お盆」「お彼岸」「年末」にきちんとお墓参りとはk掃除をやってくれると期待できますか?
ちょっと不安が残りおますよね。
いいお墓 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です