我が家の犬の問題行動と解決策

6歳になるミックス犬を飼っています。

パピヨン×キャバリアのミックスで、キャバリアの傾向が強いです。

小さい頃はトイレの失敗、拾い食い、飛びつき、散歩の引っ張りがあり大変でした。

まずトイレについてはどのご家庭でもご苦労される点かと思います。

とにかくいろんな所で粗相していました。

お客さんが居ようがおかまいなし。

大も小もリビングの床でしていましたが、ある日突然、決まった場所でするようになりました。

床でしたが…。

そこに犬用のトイレを置くと毎回そこでするようになってくれました。

次に拾い食いですが、これは今でも直っていません。

キャバリアという犬種は非常に食欲旺盛で、おやつを出そうものならまったく見ず知らずの人の所へも飛んでいきます。

食卓の下にはいつもおこぼれを待つ愛犬が。

一言叱るとやめますが、まだ時間がかかりそうです。

次に飛びつきです。

ご飯も大好きですが人間も大好きで、8.5㎏とあまり大きい犬ではありませんが、ドッグランなどで人さまに飛びつくとヒヤッとします。

人間がおやつを持っていたりおもちゃを持っていたりすると我慢が出来ないようで、あまりにひどいときはドッグランから帰ります。

これが効果があったのか最近ではめっきり減りました。

最後に散歩の引っ張りです。

これもめっきり減りました。

私が住んでいる所はかなりの田舎で、土手道をロングリードを付けて走らせています。

キャバリアの血なのかパピヨンの血なのか体力がかなりあり、ドッグランでも1時間は平気で遊びます。

豪雪地帯ですので冬場は雪の少ない地域まで足を延ばして散歩することもあります。

散歩のときの引っ張りは犬が主人を見ていないことがほとんどだと感じ、散歩以外でも一緒に暮らすうえでのルールはかなり厳しく教えました。

辛い作業ですが、最初が肝心です。

もちろん犬は家族であり人生のパートナーだとは思いますが、一歩間違えば人間を攻撃する犬に育ってしまいます。

私は実際にドッグランで噛まれたこともあります。

主従関係の構築も非常に重要だと感じます。

 
イヌバーシティ 料金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です